出かけた時から帰り道

バイクや車やフェリーや列車や飛行機や自転車による全国(時々海外)の旅行記群、分割日本一周の記録です。VTR-F乗り。

9月の北海道ツーリング2019【1】新潟港、新日本海フェリー「あざれあ」

 f:id:unyora-d:20190914112256j:plain

 

 

2019年9月14日。

 

人生4度目の北海道ツーリングへ向かいます。8月のお盆を外し、9月のシルバーウィーク的なタイミングに、10日間のまとまった休みを取ることに成功しました。

 

=======================
◆【9/14】神奈川(自宅)~新潟(フェリー乗船)
【9/15】小樽~千歳~富良野~美瑛~オロロンライン~稚内
【9/16】稚内利尻島一周
【9/17】利尻~稚内~宗谷~浜頓別~オロロンライン~稚内
【9/18】稚内~宗谷~中頓別~音威子府~天塩~稚内
【9/19】稚内三国峠~足寄~摩周~北見
【9/20】網走~斜里~中標津
【9/21】斜里~知床~別海~根室~霧多布~釧路
【9/22】釧路~上士幌~帯広~夕張~苫小牧(フェリー乗船)
【9/23】仙台~神奈川(自宅)
=======================

 

f:id:unyora-d:20190914051926j:plain

(5:19)
5時過ぎに自宅を出発。北海道ツーリングの幕開けです。ところがまずは関越道を使って新潟へ向かいます。

f:id:unyora-d:20190914075619j:plain

(7:56)

関越自動車道の赤城高原SA。

道外に住む人が北海道でツーリングするための方法は何通りかありますが、自分のバイクで自分と一緒に上陸するためにはフェリーに乗船することが最もメジャーです。船会社によって大洗、仙台、宮古舞鶴、八戸、青森、大間などと出発地はいくらかありますが、今回選んだ乗船地は新潟です。

f:id:unyora-d:20190914080738j:plain

(8:07)

余談ですが高速を走っているうちに総走行距離が5万を超えました。

新潟発のフェリーは新日本海フェリーによるもの。東京近辺から早朝発で間に合い、そこから翌日早朝に北海道を走り出せるというスケジュール的にも非常に勝手が良くしかも比較的リーズナブルといういいとこ尽くしの航路。今回でフェリーによる北海道上陸は4度目にもなりますが、2回目以降は全てこの新潟⇒小樽航路を利用しています。

 

新潟港フェリーターミナル

f:id:unyora-d:20190914104938j:plain

(10:49)

新潟で高速を降りて給油とコンビニの買い出しを済ませ、フェリーターミナルに着くとすぐさま乗船の時間でした。窓口で乗船手続きを済ませ、乗船開始。

f:id:unyora-d:20190914110530j:plain

(11:05)

f:id:unyora-d:20190914110639j:plain

(11:06)

f:id:unyora-d:20190914110641j:plain

(11:06)

乗船完了です。荷造り時点であらかじめ分けておいた船内持ち込みセットだけを持って客室フロアへ上がります。

 

新日本海フェリー「あざれあ」

今回乗船したのは2017年6月に就航した「あざれあ」です。同じ新潟~小樽航路を担う「らべんだあ」の姉妹船になります。

f:id:unyora-d:20190914110926j:plain

(11:09)

f:id:unyora-d:20190914111022j:plain

(11:10)

f:id:unyora-d:20190914110856j:plain

(11:08)

予約した客室はおひとり様用の部屋としては最も上位なツーリストS。テレビ付きのベッドルームです。明日の早朝までという長い時間を過ごすことを考えればこの差額を払う価値はあると思い選びました。無機質さに若干独房感は否めませんが、フェリーとしてはかなり人権みのある空間です。荷物を置いたら出港を見届けるべく外へ出ましょう。

f:id:unyora-d:20190914111900j:plain

(11:19)

f:id:unyora-d:20190914112236j:plain

(11:22)

f:id:unyora-d:20190914112257j:plain

(11:22)

f:id:unyora-d:20190914112316j:plain

(11:23)

f:id:unyora-d:20190914112635j:plain

(11:26)

バイクはまっさきに乗船できるので、ジャージに着替えて外に出たところで車はまだ乗船中でした。

f:id:unyora-d:20190914113002j:plain

(11:30)

カップ焼きそばを食べつつ出港を待つ。

f:id:unyora-d:20190914115626j:plain

(11:56)

船内で焼きたてだという放送が流れたので、メロンパン(200円)を食べつつ出港を待つ。

f:id:unyora-d:20190914120638j:plain

(12:06)

f:id:unyora-d:20190914120728j:plain

(12:07)

予定より少し遅れて出港。ばいばーい。

f:id:unyora-d:20190914121023j:plain

(12:10)

港で入れ違いになったタグボートから手を振ってくれました。

f:id:unyora-d:20190914121059j:plain

(12:10)

停泊中の海上保安庁の船からも、見学中の一般人らしき人たちが手を振ってくれました。なんだ新潟めっちゃいいところじゃないか。

f:id:unyora-d:20190914121255j:plain

(12:12)

線路でもない地面に並べられた電車たちを発見。

港を出てしまえばだだっ広い海が広がっているだけで代り映えはしないので、船内をうろつくことにします。時間は多少前後していますがお気になさらず。

f:id:unyora-d:20190914111204j:plain

(11:12)

f:id:unyora-d:20190914111557j:plain

(11:15)

売店。軽食からお土産、新日本海フェリーグッズまで並んでいます。

f:id:unyora-d:20190914111800j:plain

(11:18)

売店はじめ船内の各施設は、航行中ずっと開いているわけではないので注意が必要です。案内所脇にそれらの営業時間がまとめられた案内板があるので、スマホ等で撮っておくといちいち確認しに行く必要がなく便利です。

f:id:unyora-d:20190914125532j:plain

(12:55)

カフェ。軽食が食べられます。営業時間外にはテーブルと椅子が自由に使えます。

f:id:unyora-d:20190914131351j:plain

(13:13)

フォワードサロン。船の進行方向を眺めることができる場所ですが、日没後は照明がブリッジ(操舵室)へ漏れないようにカーテンが閉められて景色が見えず、飲食は禁止で、深夜は開いていないわりにそこそこ混んでいるのであまり使い勝手は良くありません。

f:id:unyora-d:20190914132859j:plain

(13:28)

洗濯機もありますが、フェリーは家を出た直後かもうすぐ家に着くタイミングでしか乗らないので使ったことがありません。

f:id:unyora-d:20190914133236j:plain

(13:32)

他の長距離フェリー会社では見たことのないレーニングルーム。たまーに使っている人を見ます。これもタダです。

f:id:unyora-d:20190914174601j:plain

(17:46)

最近各所でこいつを見るようになりましたが、お遊び以外でこいつが話し掛けられているところを見たことがない。

f:id:unyora-d:20190914174945j:plain

(17:49)

お風呂。もちろん中の写真はありませんが、なんと露天風呂があります。高速フェリーのくせに露天風呂などという贅沢装備を持っているこの船は一体何なんだろうか。

f:id:unyora-d:20190914121613j:plain

(12:16)

なまはげだって置いてあるんだ。

新日本海フェリー設備も充実していれば船内イベントも豊富です。

f:id:unyora-d:20190914125426j:plain

(12:54)

まずは船内クイズラリー。案内所に置いてある用紙とペンを手に入れたらスタート。クイズを解きながら船内を歩いて回ります。全問正解者には抽選で景品(売店に売っているお土産用のお菓子)が貰えます。これまで2戦連続景品を獲得していたのですが、今回は残念ながらゲットならずでした。

f:id:unyora-d:20190914131745j:plain

(13:17)

そしてビンゴ大会新日本海フェリーのグッズや船内限定の商品券が当たります。そこそこ時間が掛かるイベントなのでパスしました。逆に言えばたっぷり時間が掛かる船旅の中ではそれなりに時間を潰せるイベントなのでお暇ならどうぞ。

f:id:unyora-d:20190914160549j:plain

(16:05)

最後に船内コンサート。選曲は聴きに来ている年齢層相応な感じで、僕ががギリギリ知っている程度でした。

f:id:unyora-d:20190914183915j:plain

(18:39)

手の込んだイベントが多くて親近感が湧くのもあって新日本海フェリーが好きです。

f:id:unyora-d:20190914184649j:plain

(18:46)

f:id:unyora-d:20190914185506j:plain

(18:55)

レストランで夕食にしましたが、持ち込みの食料もあったので軽めにしました。

f:id:unyora-d:20190914190811j:plain

(19:08)

ということで本日のリザルトです。フェリーグッズ意外と買ってしまった。

f:id:unyora-d:20190915034228j:plain

(3:42)

翌早朝。雨が降っている外を目の当たりにして理解が追いつきませんでした。

f:id:unyora-d:20190915045631j:plain

(4:56)

願いもむなしく到着した小樽も雨

f:id:unyora-d:20190915051609j:plain

(5:16)

ということで雨模様の中出発です。まあ、どうせ降るなら最初から降っているほうがカッパを着る余裕があって踏ん切りがつくというものです。

f:id:unyora-d:20190915062947j:plain

(6:29)

白い恋人シュプレヒコールを浴びながら最初の目的地へ。ちなみに雨はわりと早いうちに上がりました、よかったね。