出かけた時から帰り道

バイクや車やフェリーや列車や飛行機や自転車による全国(時々海外)の旅行記群、分割日本一周の記録です。VTR-F乗り。

東北3泊4日ソロツーリング2019【3終】仁賀保高原風力発電所、宝珠山 立石寺(山寺)

 f:id:unyora-d:20191022091204j:plain

 

田沢湖八幡平を経由し、秋田はこれで終了と思いきや、ダメ押しで仁賀保へちょっとだけ立ち寄ります。相変わらず日没が近い中でギリギリの詰め込みです。

ちなみに宿まではまだまだ遠いです。

 

=======================

【10/19】自宅~三沢

【10/20】奥入瀬十和田湖~八甲田~岩木山~大館

◆【10/21】田沢湖~雫石~八幡平アスピーテライン~仁賀保~天童

◆【10/22】山寺~自宅

=======================

仁賀保高原風力発電所

八幡平から走ることおよそ180km3時間強かけて秋田県を斜めに突っ切り、にかほまでやって来ました。

f:id:unyora-d:20191021154932j:plain

(15:49)

風車が好きなので風力発電所を見ていきます。

f:id:unyora-d:20191021155903j:plain

(15:59)

見るだけでなく遊んできました。

f:id:unyora-d:20191021160256j:plain

(16:02)

撮影ポイントを練ればいい写真が撮れそうな場所ですが、いかんせん曇りだし時間がないしで早々に終了しました。

 

鳥海ブルーライン

f:id:unyora-d:20191021164322j:plain

(16:43)

その名の通り鳥海山の五合目を経由して秋田県山形県を結ぶ道路です。最高地点は海抜1,100m。個人的にかなりおすすめのルートで、仁賀保高原風力発電所に寄った結果時間的にかなりギリギリでありながらも無理矢理ねじ込みました。

通常24時間開通しているという話もありますが、気象条件等によっては夜間の通行が規制されているとのことで、この日も17時にゲート閉鎖。入場時刻ギリギリの16:30手前で秋田側から突入し、五合目で写真を2枚だけ撮ってすぐさま山形県側へと下山しました。もはや何のために寄ったのか分からないレベルの駆け足でしたが、わずかながらも一応景色は見ました。

 

天童セントラルホテル

鳥海山の五合目からバイクを走らせること160km、およそ2時間半をかけて山形県を斜めにぶち抜き、天童のホテルに到着しました。

f:id:unyora-d:20191021193915j:plain

(19:39)

f:id:unyora-d:20191021193240j:plain

(19:32)

申し分ないビジホです。夜からは雨が降ってきました。

f:id:unyora-d:20191021210011j:plain

(21:00)

今回最後の終日行程である3日目のまとめ。やったら移動の多い1日でした。

翌日は最終日。朝っぱらからちゃんとした雨で一向に改善する見込みのない天気予報だったので、行きたい場所ひとつだけサクッと寄って帰路へ就きましょう。

 

宝珠山 立石寺(山寺)

f:id:unyora-d:20191022083805j:plain

(8:38)

ということでやって来ましたのは前泊の天童から数kmのところにある山寺です。というか、朝一の山寺ありきで宿を選びました。

f:id:unyora-d:20191022093940j:plain

(9:39)※帰りに撮影

山寺は民間の有料駐車場がメインですが、お寺の無料駐車場も一応用意されています。山寺登山口よりもひとつ手前(天童市街側)、「そば処信敬坊」の右隣に「立石寺専用駐車場」と書かれた小さな看板が。そこの急な坂道を登った先に、数台分だけの小さな駐車場があります。

f:id:unyora-d:20191022083848j:plain

(8:38)

駐車場から上がってすぐの根本中堂というお堂。ここはまだ無料です。

f:id:unyora-d:20191022084033j:plain

(8:40)

松尾芭蕉曽良ギャグマンガ日和を読んで育つと本家のこれを見ただけでじわじわと笑いがこみ上げてきます。

f:id:unyora-d:20191022084126j:plain

(8:41)

向こうに見える門から先が料金を取られます。

f:id:unyora-d:20191022084301j:plain

(8:43)

f:id:unyora-d:20191022084337j:plain

(8:43)

ゲートの向こう。出がけからの雨でうんざりしていたものの、ゲートを抜けて森の中に突入したあたりで「これはこれで良い感じな風景かもしれない」と思い始めました。

f:id:unyora-d:20191022084414j:plain

(8:44)

f:id:unyora-d:20191022084429j:plain

(8:44)

f:id:unyora-d:20191022085026j:plain

(8:50)

朝一でもたまに団体さんがいます。

f:id:unyora-d:20191022085243j:plain

(8:52)

f:id:unyora-d:20191022085318j:plain

(8:53)

仁王門までやって来ました。深い森の中を出て、ここからは断崖に建物が点在する伽藍になります。

f:id:unyora-d:20191022085529j:plain

(8:55)

まだまだ階段は続きます。

f:id:unyora-d:20191022090019j:plain

(9:00)

とりあえず一番奥に来ました。ここが奥之院です。

f:id:unyora-d:20191022090544j:plain

(9:05)

あそこに行ってみたい……けど行けない様子。

f:id:unyora-d:20191022090611j:plain

(9:06)

f:id:unyora-d:20191022090845j:plain

(9:08)

f:id:unyora-d:20191022090950j:plain

(9:09)

f:id:unyora-d:20191022091016j:plain

(9:10)

f:id:unyora-d:20191022092029j:plain

(9:20)

こんな谷あいに隙を見つけては建物を差し込んでいく、さすが山寺と

いう名を持つだけのことはある造りです。

f:id:unyora-d:20191022091159j:plain

(9:11)

いちばん好きなのはこの華蔵院。随一の見晴らしスポットです。

f:id:unyora-d:20191022091505j:plain

(9:15)

f:id:unyora-d:20191022091841j:plain

(9:18)

f:id:unyora-d:20191022091812j:plain

(9:18)

 

f:id:unyora-d:20191022091205j:plain

(9:12)

霧(雲?)でやや見通しが悪いですが、これはこれでむしろ良い雰囲気。

f:id:unyora-d:20191022092145j:plain

(9:21)

バイクを離れて歩き始めたあたりから雨はかなり弱まっていたのですが、一通り見終えたところでまた降り始めました。ちょうどその時ドタドタと聞こえたので、音がする方を見たらサルでした。

f:id:unyora-d:20191022093215j:plain

(9:32)

そんな感じで下山。夏の晴れた日にはまた違う雰囲気になっていそうです。

御覧の通り朝一で訪れましたが、こんな天気にもかかわらず日が高くなるにつれて人は増えてきました。奥入瀬といい、人が少なめな状態で観光したい時には朝一(それも8時台)がマストですね。

f:id:unyora-d:20191022093401j:plain

(9:34)

水がぴゅーって吹き出してるの面白い。

f:id:unyora-d:20191022094054j:plain

(9:40)

駐車場まで帰還。こんな天気では帰りながら寄り道する気も起きないので、最寄りのICからまっすぐ帰路に就きました。

f:id:unyora-d:20191022170236j:plain

(15:02)

福島を通過し関東地方へ突入し平野部へ差し掛かったところでようやく雨もなくなり、佐野SAでカッパを脱ぎつつ自宅まで走破しました。日没前には無事到着。

f:id:unyora-d:20191022194231j:plain

4日目のまとめ。つらかったらしい。


ということで、東北ツーリング2019でした。

分割日本一周をうたっていた時に東北地方は一応回っていたのですが、十和田湖奥入瀬、雫石、山寺といった一部のポイントは見送っていたので、それらを中心に抑えていく企画でした。神奈川⇒三沢の長距離強行軍は久々でしたが、多少経験を積もうとやはりしんどいものはしんどかったです。

とはいえ何も変わっていない訳ではなく、雨が降った時の荷物や身体へのダメージ具合は当初と比べて段違いに改善されていました。我ながら感心。

 

以上、最後までありがとうございました。

 

旅行期間 2019.10.19~2019.10.22

旅行記完成 2020.3.1