出かけた時から帰り道

バイクや車やフェリーや列車や飛行機や自転車による旅行記群。VTR-F乗り。分割日本一周計画遂行中。

ツーリング

船と原付で行く神津島【5】まっちゃーれセンター・前浜・藤屋ベーカリー

(6:54) おはようございます、神津島の朝です。 雨です。まごうことなく雨です。

船と原付で行く神津島【4】天上山・裏砂漠・民宿「よねき」

(15:16) 引き続き、ラヴ&ピースな天上山を歩き回ります。地元の子が作ったと思われるこの標語のパネル、荒涼とした天上山を歩いているといきなり現れるから怖いし浮いてる。

船と原付で行く神津島【3】展望台・多幸湾・白島登山口

村落から見て赤崎遊歩道より手前400mくらい。原付で行けばすぐだけれど歩きならそこそこの距離に、トロッコの線路跡があります。 (12:16) まあ立ち入り禁止なんですけど。

船と原付で行く神津島【2】民宿予約・神津島温泉保養センター・赤崎遊歩道

(10:14) タラップを渡って神津島の地を踏みます。 振り返ればクレーンがコンテナを下ろしていました。他の島でも見た光景ですが、コンテナが下ろされると地元の方々が手分けして中の段ボールを運び出します。船は人だけでなく物資の重要な供給路のようです。

船と原付で行く神津島【1】竹芝・東海汽船・さるびあ丸

2017年3月24日。 (21:46) 竹芝客船ターミナルでサカサカと歩く野郎が一人。

船と原付で行く伊豆大島【5終】裏砂漠の日の出・火山博物館・帰路

(4:24)おはようございます。伊豆大島の朝です。朝ですがまだ陽の出ない時間です。

船と原付で行く伊豆大島【4】三原山登山道路・御神火スカイライン・椿フォンデュ

(12:51)※写真にぼかしを入れています。町役場前の通りでお祭りをやっていました。

船と原付で行く伊豆大島【3】裏砂漠・筆島・地層大切断面

伊豆大島は元町から原付で出発し、大島一周道路を使って時計回りに進み、岡田港を通過したあたりまで来た我々。 (9:51)

船と原付で行く伊豆大島【2】大島上陸・原付始動

(5:42)太平洋上からおはようございます。船の窓ガラスの反射で明かりが入っていますが、向こうに見えるのが伊豆大島です。

船と原付で行く伊豆大島【1】竹芝・東海汽船・さるびあ丸

2016年11月4日。 普段の旅立ちは休日の朝であることがほとんどですが、今日に限っては金曜の夜。そそくさと退勤すると、まっすぐに帰宅し、着替えと荷造りを完成させて、歩いて再び最寄駅へ。降車客で混み合う下り線のホームを横目に、上り電車へと乗り込み…

東北、日本海を走る。【3終】鳥海・だるま屋ウィリー

日没をもって2日目の観光を終了。その後真っ暗な田舎道を130kmかっ飛ばして宿へ向かうこと自体は、まあだいぶ慣れてきたことなのでいいのですが、困るのは夕飯。 地方都市というのはえてして夜の食事に困るもの。宿泊先はビジネスホテルだし街は横手なので規…

東北、日本海を走る。【2】竜飛崎・白神山地・男鹿

(5:56)おはようございます、弘前の朝です。それなりに寒かったからか、部屋の中で物干ししまくったからか、起きたら窓の結露がすごいことになっていました。

東北、日本海を走る。【1】八幡平・弘前

2016年10月8日。 5時台の、日が出るか出ないかぐらいの時間に自宅を出発します。日の出のうすぼんやりした景色は外環を走っている最中に迎えました。川口JCTからは東北道へ接続しひたすら北上。 九州と四国と北陸を制覇(?)した僕が次に行くべき場所(2泊3日)…

雨の北陸ソロツーリング【3終】千里浜なぎさドライブウェイ・富山

東尋坊を後にしたら、海岸線を(高速で)ひた走ります。なおこの時、ものすごい雨で視界もろくに開けない&横風がすごい中をバイクで走り続けました。他のバイクをたまにしか見かけませんでした。 (12:29) 途中の道の駅高松で、寒さに耐えかねて休憩。おいま…

雨の北陸ソロツーリング【2】永平寺・東尋坊

福井からおはようございます。 (6:20) 起きたら普通に雨が降っていました。あまりにもしれっと降っているので驚きとか残念さを通り越して「そっかー雨かー」という感じ。

雨の北陸ソロツーリング【1】彦根・丸岡・福井

2016年9月17日。 (5:38) おニューのシートバッグと共に出発です。今までこの位置には普通のリュックを自転車の荷くくりゴムで留めていたのですが、時間的にも積載的にも効率が悪すぎたのでついに買いました。

四国一周の旅【5終】室戸岬・阿波踊り

(12:34) 公衆電話の上にいる古代人に見送られながら龍河洞を後に。 道中の様子を全く残していませんが、2時間ほど走り続けて室戸岬に到着です。岬はたいてい案内表示にしっかりと出ているので、地図やナビを確認せずとも迷わないから楽です。

四国一周の旅【4】高知城・桂浜・龍河洞

(6:27) おはようございます、高知の朝です。暗くなってから高速と国道でさっと移動してきただけなので、まだ高知に来た感はありません。 (7:06) ホテルの入り口のところにはりまや橋が。本物はがっかりスポットだって言うので、これで見たことにしちゃだめで…

四国一周の旅【3】四国カルスト・四万十・足摺岬

(7:01) おはようございます、松山の朝です。 (7:07) チェックアウトの前に荷造り荷造り。

四国一周の旅【2】祖谷渓・別子・しまなみ海道

おはようございます、丸亀の朝です。 (5:05) ホテルの窓から見えるあの特徴ある山、金毘羅宮から見た覚えあるぞ。

四国一周の旅【1】高松・琴平・丸亀

2016年8月11日。 (3:58) 前日は仕事から帰ってすぐにごはんとお風呂を済ませ22時就寝。3時に起きて身支度を整え、4時に出発。

九州一周の旅【7終】高千穂・阿蘇・帰路

(6:57) 延岡からおはようございます。 関東では見慣れない名前のパンを買ったのですが、中身は普通です。 ただのマヨパンです。 「てげ」というのは「とても」という意味らしい。 ただし「てげてげ」になると「適当・そこそこ」という意味になるらしい。

九州一周の旅【6】桜島・佐田岬・都井岬・日南

kyusyu 5日目の朝はフェリーから始まる。 (8:53) 桜島フェリーです。 鹿児島市と桜島を結ぶ、約15分間の航路。 ピーク時には片方の港から15分おきに船が出る、驚異のフェリーです。 さらに恐ろしいのは、24時間運航しているということです。 関東の下手なJR…

九州一周の旅【5】天草・知覧・鹿児島

(6:42) 4日目の朝です。 今日も今日とて九州を南下します。 チェックアウトを済ませ、荷物をバイクに固定し、いざ行かん。 ……おっと、逆方向だった。 すぐに気づいてUターンをしようとしたら――がしゃーん。 道のど真ん中でバイクを横転させ、わずかながら往…

九州一周の旅【4】長崎・後編

さてさて、ここまで半日の長崎観光でしたが、午後も長崎です。 今や観光スポットとしては長崎でもトップクラスの存在といえば、そう、世界遺産にもなった (12:03) 軍艦島です。

九州一周の旅【3】長崎・前編

(6:23) おはようございます。佐世保の朝です。 (6:47) 酒は抜けきっているものの、飲んだ影響でややゆるめのお腹で出発。 途中、運転中に浴びる風でお腹が冷えてコンビニのトイレに駆け込んだのは秘密だ。

九州一周の旅【2】福岡・佐賀・佐世保

(5:39) 瀬戸内海からおはようございます。 日の出の時間に起きられるようにタイマーなぞセットしたのですが、気づいたらちょっと過ぎていました。

九州一周の旅【1】新東名・フェリー乗船

2016年4月29日。 珍しく前日までに荷造りを済ませていたバッグたちをバイクに固定し、午前9時に家を出ます。

天城越え~伊豆半島ツーリング【5終】

【第五章】ループ、トンネル、スカイライン 天城越えは今でこそ国道をドライブして抜けることができますが、その険しさは今でも大いにうかがえます。 その象徴ともいえるのが七滝ループ橋。 (14:57) 地形に基づいた設計を放棄し、かなり強引に高低差を埋め…

天城越え~伊豆半島ツーリング【4】

【第四章】くるら、コルネ、御浜 北上していると間もなくぶつかるのが、昨日も通った国道136号。 実はここの道中が「富士見彫刻ライン」と名付けられた道になっています。 (10:18) (10:19) お、おう……。 彫刻といっても基本裸婦で、異常なまでに躍動感あふれ…

天城越え~伊豆半島ツーリング【3】

【第三章】千畳敷、弓ヶ浜、石廊崎 おはようございます。2日目の朝です。 (5:43) 日の出の時刻より前に宿を抜け出ます。まだチェックアウトをするわけではありません。

天城越え~伊豆半島ツーリング【2】

izu-2 【第二章】猫、亀、魚 (16:51) 波勝崎をのぞむ。 野猿公園なるものが近くにあるらしいが……いや、いいや。

天城越え~伊豆半島ツーリング【1】

【第一章】芦、椿、桜 2016年2月27日。 9時42分に自宅発。 バイク乗りであればもう少し早いうちに家を出るべきなんでしょうけれど、起きてゆっくり朝ごはんを食べているとこの時間になってしまうのです。

秩父三十四箇所札所巡り【4終】

【第四章 札所31番(観音院)~札所34番(水潜寺)~帰宅】 ……さていよいよ30番台。 札所巡りも大詰めですが、ここからのひとつひとつの移動距離が今までの比じゃなく長い。 ==== 中盤までは長くても2km台半ばだった札所間の移動距離。 道の駅で購入した…

秩父三十四箇所札所巡り【3】

chichibu34- 【第三章 札所19番(龍石寺)~札所30番(法雲寺)】 翌、2015年12月30日。 自宅で黙々と大掃除をすべきタイミングで、僕は今日も秩父へ走りに行く。 (7:50) 昨日よりも確実に早い時間での出発。 しかし、秩父への到着時刻を考えると札所巡…

秩父三十四箇所札所巡り【2】

【第二章 札所8番(西善寺)~札所18番(神門寺)】 【8番 清泰山 西善寺 (せいたいさんさいぜんじ)】 (13:58) あれっ小僧は小僧でもなんか違う小僧がいる!? ここにきて新キャラクターが続々登場してる!!! ==== さて8番ですが、東京から国道299…

秩父三十四箇所札所巡り【1】

【第一章 スタート~札所7番(法長寺)】 2015年12月29日。 気持ちのいい晴れ空の下、まずは地元のガソリンスタンドで給油を済ませます。 (9:14) ==== 「寺の御朱印受付は8時かららしいから、日の出と共に家を出ちゃうぞうふふふふー」 とか言っていた昨晩…

秩父三十四箇所札所巡り【はじめに】巡礼の手引き

2015年末にバイク(VTR-F)で巡礼を行った際の体験に基づき、秩父札所巡り全般や巡礼を行う際の情報をまとめてみました。 これを読まなくても旅行記はお楽しみ頂けるようになっているので、興味のある方だけどうぞ。 秩父札所巡りとは? 巡礼の手段は? 巡礼…

房総半島暴走の旅【4終】

【第四章】空、飛行機、国道6号 現地での誘導というか軒並み満車になる駐車スペースをたらい回しにされ、やっとの思いで到着。 (11:47) ==== おびただしい数のバイクですが、ここ以外にもバイクの駐輪場はたくさんあります。 ただし、バイクのイベントではあ…

房総半島暴走の旅【3】

【第三章】海、地球、湖 日の出を走行時に迎えたいので5:30頃に起床です。(5:39) 3階だかのテラスから。 空が白んできていますがまだ日は出ていません。 ==== (5:44) 太平洋を拝みながら浸かれる足湯がありますが今回は時間が惜しいのでパス。 宿もといスー…

房総半島暴走の旅【2】

【第二章】八犬伝、灯台、いわし丼 富浦を完全にスルーして次に差し掛かったのは館山。 ここに今回の目的のひとつがあります。 館山の市街地の南方にある城山公園の入り口にバイク駐輪場という名の歩道を見つけ停車。 小高い山を10分ほど登ります。 出先での…

房総半島暴走の旅【1】

【第一章】ユーカリ、フェリー、きょなん 2015年10月24日。 (7:59) 8時に家を出ます。 買って二ヶ月の愛車VTR-Fも気付けば総走行距離2000kmを突破し、とうに慣らし運転の域を終えています。 今回は『房総半島暴走の旅』という名の通り、房総半島を走ることが…

富士山麓ツーリング570km【4終】

【第四章】タイヤ痕、交通安全、眠気 田貫湖を発ち、県道414号→県道72号を経ていよいよ富士山スカイラインへ。 前日は富士スバルラインから五合目へ到達しましたが、こちらの道も富士五合目へと通じる道にアクセスできます。 しかしこの時期は五合目へのマイ…

富士山麓ツーリング570km【3】

【第三章】焼きそば、ヨーグルト、豚汁 僕がそのうちやってみたいと思っていたことのひとつに、 「スーパー銭湯に宿泊(仮眠)」 というものがありました。 24時間営業のスーパー銭湯の仮眠室で一晩を明かすという要するに文字通りそのままです。

富士山麓ツーリング570km【2】

【第二章】ぶどう園、樹海、高原 (14:12) 道の駅たばやまから大菩薩ラインを小一時間も走れば、人里に近づきます。 左手奥に見えているのが恐らく甲府盆地。

富士山麓ツーリング570km【1】

【第一章】立ちゴケ、立ちゴケ、立ちゴケ 2015年9月4日。 (9:31) 道路の上からおはようございます。 時刻は9時30分頃、東京都の真ん中あたりにある小平市で、五日市街道を走行中です。

二輪教習日記【もくじ】

このレポートは、2015年6~7月にかけて普通自動二輪免許取得のために教習所へ通った際に、日記として掲載した文と写真を再掲したものです。 普通自動車免許を事前に取得していたため、学科教習は免除。内容は技能教習のみとなります。 これからバイクの免許…

二輪教習日記【おまけ】

バイクで行ってみたいところといえば山ほどあったものの、自分のバイクを手に入れたらまず行きたいところは、ひとつ決めていました。 ――東京湾一周です。 ==== 2013年の夏にトライした、自転車で東京湾一周の旅。 一日中ペダルを漕ぎ続け、17時間かけて210km…

二輪教習日記【10】

そして納車です。 本田技研工業 VTR250-F 排気量:249cc エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒 車重:163kg VTRとは、「V-Twin Roadsports」の意味。 ==== ほぼ手を加えられることのないまま30年近くにわたって採用され続けてきたVツインエンジン、…

二輪教習日記【9】

梅雨入り前に申し込んだのに、気付けば最高気温35℃と予報される夏真っ盛りになったバイク教習。 ※写真は先週撮ったものですが。 ==== すっかり馴染みになった自動車での教習所通い。 しかし今日は原簿を取りに行く作業もせず、今回一度も足を踏み入れていな…